男の人

揉める前に対策を

相談

資産状況に関係なく発生

遺産相続で親族同士が争う件数は、地域に関係なく千葉でも上昇傾向にあり、この傾向は資産状況にも関係なく起こっています。遺産を巡るトラブルと言えば、千葉でも富裕層特有のものと思いがちですが、意外と1000万円未満の遺産でも裁判沙汰になっています。争う理由は、昨今の経済状況の悪化や長子が全ての財産を引き継ぐことの抵抗感・平等に分けるのが難しい遺産の存在です。一昔は、遺産相続は思わぬプレゼントのようなものでしたが、今は親の遺産を老後の生活資金としてあてにしているケースが増えています。また、長子が全て引き継ぐことが当たり前だった世代から平等に分けるのが当たり前と考える世代の増加もあります。そして、財産を形成するときに分割しにくい千葉の不動産や住居の購入や自社株の保有なども関係しています。このようなさまざまな社会背景や個々の経済事情から、遺産を巡るトラブルは千葉でも発生しやすく相続トラブルを未然に防ぐために専門家へ依頼する人は増加しています。相続に関する専門家は、行政書士・弁護士・司法書士・税理士などです。それぞれの士業には得意とする分野がありますので、相談する際には見極める必要があります。まずは、相続トラブルを未然に防ぐために専門家のアドバイスを受けて法的効力のある遺言書の作成や遺産の分割に関する対策をたてましょう。また、揉めないためには日頃からの親族間のコミュニケーションをはかることも重要です。